テレアポ・電話営業の質を上げて
営業成績を飛躍的に向上

驚くほどの商談獲得率を実現

最も多くの営業マンが活用している営業ツールは電話です。
スクラムCSは、電話の特性を最大限活かし、弱みである
ブラックボックスになりがちな特徴をAI、チャットを
活用することで、電話を最強の武器にし、
驚きの商談獲得率を実現します。

資料ダウンロード

ABOUTスクラムCSとは

最も多くの営業マンが活用している
営業ツールは電話です。

スクラムCSは、電話の特性を最大限活かし、
弱みであるブラックボックスになりがちな
特徴をAI、チャットを活用することで、
電話を最強の武器にし、
驚きの商談獲得率を実現します。

SUCCESS生産性の高い営業の
実現のために

もっと商談のアポが入ればと思いませんか?
アポの獲得方法として、主力はテレアポです。

しかし、テレアポは孤独な作業である上に、
大量に電話をかけているため、
中々有効なスクリプトを分析できません。

とはいえ、教育に多くのリソースを
投入する事も難易度が高いです。

そのため、通話内容の見える化と、
チームでのナレッジ共有が
商談獲得率向上の鍵になります。

最も身近な
営業ツールの電話

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、
商談のアポ入れに留まらず、
サービスの説明やクロージングまで、
電話の活用機会が増えています。

電話のメリットは、
微妙なニュアンスが汲みとれるため、
交渉に適していること。

電話のデメリットは
会話がブラックボックスになりがちで、
営業ナレッジが属人化しがちなこと。
そこで、スクラムCSがAIで
会話内容を見える化&分析し、
営業成績を飛躍的に向上させます。

こんなお悩みありませんか?

テレアポ・電話営業の話す内容が

チームでバラバラに
なっている

電話内容をセールスチームに連携したいが、細かい所まで伝えきれない

アポ獲得率/電話商談受注率に個人差があるが、可視化して改善ができていない

顧客との電話商談内容を記録する作業に
工数がかかってしまっている

「電話が上手い人」にするための教育の仕方に困っている・・・

後からメモを見返しても
温度感までわからない

QUESTION

固定電話で受けた内容を
社内に伝える際、 情報伝達が
うまくいかなかった
などで
(認識違い、伝達漏れなど)
ことはありますか。

ある

ない

企業における固定電話の活用調査2019より

「ある」が49.5%!

スクラムCSで
伝言ゲームを解消!

導入後のフロー

  • STEP1架電する

    スクラムCS内のリスト見なが
     ら架電

    
                受電画面
  • STEP2担当者が
    不在

    スクラムCS内のメモにラベル
     をつけて後ほど検索し再度架
     電

  • STEP3再架電を
    する

    スクラムCSのメモを
     元に再架電

  • STEP4担当者に
    営業

    通話内容は自動録音と
     音声のテキスト変換機能で
     テキストとして保存

    
                受電画面
  • STEP5アポ獲得

    スクラムCSに要点を
     入力

  • STEP6トス上げ

    スクラムCSのチャットでスグ
     にトスあげ

  • STEP7再び架電
    する

従来のフロー

  • エクセルやスプレッドシートの
     企業一覧リストから架電

  • 掛け直す時間をメモ

  • メモを元に再架電

  • 通話しながらメモ

  • 通話しながら残したメモや記憶を
     元に必要事項をテキストにま
     とめる。

  • まとめた情報をCRMやメールなどでトスあげする

CONTACTまずはお話ししませんか?

「何からはじめたらいいのかアドバイスが欲しい」「情報交換を兼ねて話をしたい」
といったところからでもお気軽にご相談ください。オンラインで気軽に無料でご相談いただけます。

お問い合わせはコチラ